Tアダジオクラス

アラベスクの時に軸の脇がたおれないように、ピルエットパッセをはって高く引き上げるように。パンシェ一回とまる。頭のうしろをひっぱる。

 

ジャンプの仕方はそれでよいから、ジャンププリエ深く、シュッス床をさすように強くたつ。ピケアンデオール立って首をつける、脇はやく。

 

左足うしろの左まわりの時、パッセプロムナード左手アンオーの手首をひっぱり上へ、右手は男性脇をつよくする肘から指まで手のひらはやわらかく上体をもう少しらくに。

 

 

a、アントラッセ、タンジュ、ジュッテ、トロアグリッサードアンデダーン、つま先パッセ

後ろに進むように、足ばかりでなく腰を上にあげる。足を回さないように薄い中でおこなうようにする。タンジュうちつけないように上に体を吸いあげながら5番にもどす。ジュッテ少しとめるながさない。つま先バナナを通りこしての逆カマまでパッセひっかけないようにしっかりおる。

m、楽しいクラス

ポールドブラねじるとき、下になる肩はたくさんさげる。上下でめりはりをつける。グリッサードプリエをやわらかく。横へ立つプリエと出す足を同時にする。ポーズなどの4番は腰幅の中で始末する。胸をらくにする。

自習

軸は付け根の外を脇でかこむ、重心を指のほうへ。ピルエット手がひらくからプリエになる。まわる軸足裏を感じて。まわるためのプリエ。

アンデオールアンデダンボディー、アームス、頭

アンデオール5番後ろのプリエのときアームス肘二の腕中から外へ。アンデダン、前の5番プリエボディーアームス外からなかへ。フェイントの為に少し逆を使う。頭はアンデオール腕と連動させて頭とアームスがさきにうごくと胸が自然とついてくる。

a.エカルテ、ピルエット

エカルテドゥバン、デリエール、アームスの肘を強くして頭の上に、肩と頭を遠くにはなす。ピルエットの足の裏ホンデュルルベで降りたときと一緒で指でゆかを感じて押すそこが軸になる。ピケアンデダン軸の上にたつ半回転、アッサンブレ床をしっかりけるように。強くふむ。エシャッペクッペしっかりとけるはる。カトル横の動きたてにならないように。