上体、回してあげる、つま先、引き上げ

上半身は大きなボールをかかえこむように背中から腕回りを強く使う。バットマンなど動きがおおきくなっても上半身で気をうえながら脇をさげる、パッセバランスの時は、肋骨まで引き上げて脇をぎゅっと下げる肋骨同士で上下におしあう。ピルエットここにたつ裏に肩がきたら振り返るバランスとりながら、アームスを集め続ける。つま先伸ばし続ける。引き上げ肋骨ぼねまでひきあげるつっぱり棒みたいに床を感じて押し続ける腰高く。

胸楽に、腰をあげる。

お腹はあげるけど胸は楽にする。足をあげる前に腰をあげる。肩甲骨を二枚ならべる。タンジュぶつけないようにあつめて吸い上げながら引き集める。ピルエット4番ひろめに

a.パッセバランス、タンジュ

強いゴムのように、足で床をおして頭上脇をきゅっととじるようにさげる。タンジュぶつけないように引き上げながら。膝がまがるだけ。

両足でお腹からよせあつめるように

t.アダジオ

ピルエットのとき首が強くなりすぎないように。sのとき、脇強くアンナバーのアームス。プロムナード視線先。後頭部をひっぱる。ドゥバンの時に上体後ろにいきすぎないように。男性が後ろにいるときには男性はみてくれてるのでおいかけないでよい。アンデオール半回転で立つだけ。まっすぐにすいよせて軸のプリエの上にたつ。もちあげられたらパッセ。

a.わたしはここにたつ

ピルエット前のプリエ、指のかんかくプリエ、股関節、脇の感覚をしっかりかんじる、骨盤床と平行バランスをとりながらまわる。

 

足を上げる前に腰をあげる。

パッセバランス頭のてっぺんを押し続ける。おしあい。アラベスクかたむかないように、パンシェ足をまっすぐに真後ろに。アラセゴンに出したとき両足でお腹を中心に引き集める、軸足アンデオールまけないようにひっぱる。

 

 

 

y.胸から、コア

上体は胸から動かす。胸のセンターからやわらかく。尾骨の上にあたまの頂点をのっける。コアを強よく。フェッテのときも軸がとられないようにしっかりパンツラインのお腹の意識を大切にする。骨盤は床に対し垂直、とくまわるときデリエールのとき意識がはいりずらいからしっかり意識できるように。骨盤に➕を書いて大切に動く。また動きが大きくなったときは解放してもそのあとにしっかりと集めなおすこと。グランワルツでのステップでもギュギュっとアンデオールをあつめながらすること。ピケの首を強くつけること、アラセゴンピケパッセからの練習で首のかんかくをやしなう。

a足の裏、軸のわき

タンジュの時から足の裏パーグーをしっかりとする、お尻をしめて出ないようにする。軸のわきを強く上体がぶれないように。手が動くときに上体もつける。

エカルテのとき上体の肩甲骨の位置を正確にする。ピケアンデオール進んで立つ半回転。かかと体重にならないよーにすること。膝裏からアンデオールして足を出す、バナナにならないよーに足先くるむ足にする。かかと高いままドゥミ4番を通過するよーに。