アダジオクラス

ピルエット前のパドブレ通過4番は腰幅の中でおこなうように。ピルエットパッセを高くするように。フェッテのときにお腹がぬけないようにする。フェッテはアラセゴンをしっかりみせる。プリエを深くする。アラベスク1、肩が前に入りやすいから外へひらくようにする。お団子のうしろを引くようにタンジュ腰しっかりアンデオール肩とつま先でひっぱりあう。あうた外の力をぬくーの体の力をぬいてもっとぬく。

ありがとうございました。感謝。

バータンジュジュッテa

5番ドゥバンタンジュ〜4番を通るようにドゥミポインもしっかり通り、ドゥミポインポイント足のうらをしっかり使う。グーパーグーパー。筋肉をかためないようにゴムみたいに伸び続けるように使う。重心はいつでもルルベのできるところへ〜つま先のほう、土踏まずを引き上げて足の内側に伝えてうちももを閉じ続けるお尻がでやすいから骨盤をしっかりたてるように、お腹をひきあげてお腹のおくほうを強く胸を前におくり肩をさげて頭高く胸回りは楽にして、鎖骨を左右に引き合い脇をつよく脇の裏が感じれるところへ、二の腕遠くにひっぱる。脇強、肘中、手首弱、大きなボールを抱きかかえ続けるように。

アダジオa

バーのときから床をしっかりと踏むように、ふんだぶんだけ上に伸び続けて肩はさげるわきをつよく、脇の後ろ側から背中の意識をつよくする。いつでもルルベができるところ…足の裏がコロコロしないように指はパーでタコの足みたいに吸盤のように吸い付き床をつよく押して吸い上げる。頭上肩はさげる。足を上げたりうごかす前に、お腹を引き上げる。バーレッスンを思い出しながらせいかくに。体に矢印を描いてインプットさせるように。床を強く押すようにする。アラベスク頭の後ろをお団子をひっぱるように首を長く使う、ピケアチチュードのときも斜め上のほうに顔をつけて首筋をみせるように、腕回りつよく脇強〜中〜弱(指先)脇から背中につなげて中央に集め続ける。胸楽を楽にするように。バランセは、自分を中心にエファッセの場合は 8でおわったら、地点を1として4方向のななめをしっかりとり、バランセ〜6の方向ななめとなりそれにたいしてのバランセ、ストゥーニューは、5のほうこうへ〜〜ななめのライン方向を大切にする。プリエパッセは躊躇せずにスコンと高いところからはめるようにする。降り方まで丁寧に次のパへと繋がるようにする。ピルエットもしっかりふんで、足のうらでつよくけるように軸足つよく真下に押し続ける

軸足をつよく。

 

 

パドドゥ

ピケアラベスク→軸になる肩甲骨を(肩を前に)手が長くみえる。横の手のばしきるようにする。パンシェかたむかないようにする。頭のうしろを後ろにひっぱるように。ピルエット後ろ重心にならないように。土台が肩甲骨になるプロムナードかな?

友人のva

後ろ足を大きく、プリエを深く、クロワゼ!目線を上手センターよりから2階席からにとどけて下手にとどける。

ももの引き上げお腹

床をしっかりと押して、膝の後ろからももの引き上げにつなげて骨盤を上に引き上げるようにお腹を引き上げる。

アームス

床に寝て腕を横にひろげる、肘からうえでささえる背中わきをつよくする。わきの後ろがわでささえる。指先チョキの強さで小指側がねないように。肘下らくにする。