足の使いかた

タンジュエファッセデリエール、

お腹から足だと思って、お腹たかくじく足を引き上げてながく使う。

バーの捕まり方

アロンジェをした状態で肩をさげる。男性と踊ると思って。エシャッペ左足に体重をのっける。

アラベスク、パンシェ

アラベゴンにならないようにボディーしかく。足先ひざ下をしっかりアンデオール、デブロッペのとき足のうらをやわらかく軸足にすいつくように。パンシェ高いところからじくなの脇がおちないようにたてて、つま先から足の甲をしっかりとのばす。

お腹ボディーa先生

アンデオールから骨盤底ひきあげをして腰をあげて、肩甲骨を骨盤の上にのっけて、シャツを下にさげるように腰を下に、肩を下げ頭が上に。お腹の横にすじがでくらいに

a先生、呼吸、ボディー

おしりしまって、ボディーひきあげてから背中をさげる(肩甲骨を骨盤にのっける、=おなかをみじかくつかれる、ピケアラベスク吸うときに立つ、バーのときからいつでもつま先でたてるところにいるようにする。アチチュードボディー四角、クロスしながらのばす。ピルエット首、アームス肘から動かす、手のひらのちからをぬく柔らかく。グランパディシャアンナバン大切に手がはずれないように。アッサンブレ腰がぬけないようにしっかり床を踏む。

四番プリエ

ピルエットのときも骨盤床と平行、グランプリエ後ろ足そとにふとももをひっぱる。

a、ファインアッサンブレ、アントルラッセル顔

アッサンブレ遠くに移動して集める、アームス水面をなでるように。ゆっくり。アラベスクアントルラッセル顔のこす。